辻本 喜代美

 

​TSUJIMOTO  KIYOMI

*陶造形家&アトリエ主宰/講師
*ピアノ&アートサロン陶水花 アート部門プロデューサー
*ジャージコバ 認定カウンセラー

      ・・・思い・・・
幼い頃は好きなのに、絵や工作がヘタクソでした。
だからいつも幼稚園や学校で注意されていました。
美大の受験を決めても、ヘタクソで
予備校の先生によく怒られていました。
そのうち、紙やキャンバスに向かう事が
怖くなりました。
でも何かを表現することはずっと好きでした。
​そんな時に出会ったのが陶芸。
粘土というその有機的な物体は、
当時の私の伝えたい気持ちを、
おおらかに受け止めて、
そのまま形として留めてくれました。
そしていつしか自然な流れのうちに
陶芸家になることを決めていた私。
二十歳の時でした。

アトリエ陶喜とは、その名前のとおり

陶芸を介して自然に自分の心が喜ぶ時を見つける。

という願いを込めて、陶芸のと私の名前の1文字であるの字をとってつけた名前です。

私が土と向き合い作品が生まれる時。

それは何かの物語がはじまり心動くとき。

私が受け取り感じ取った物語を、誰かが見つけて、

また新しい物語として繋がり、育っていく。

土(陶)という土壌に蒔いた物語の胤。
私にとって、作品はその胤です。

陶芸を介して、皆様と一緒に

喜びの物語と時を繋げていく事が出来たら。

それが私のささやかな願いです。

                          (陶造形家・アトリエ主宰 / 辻本喜代美 )

1995 女子美術大学芸術学部工芸科卒業

1998 第1回真綿のヴィジュアルアート展 入選

1999 アトリエclaay studio Ulalaを立川に持つ

2000 第3回真綿のヴィジュアルアート展 入選

2002 ステンドグラス美術展 入選

2003 第11回テーブルウエアフェスティバル 入選

2004 第2回ステンドグラス美術展 入選

2005 第1回和紙のしごと大賞コンペティション 大賞受賞

          第13回テーブルウエアフェスティバル 入選

2006 ビアマグランカイ6 入選

2007 ユニークな器展2007 大賞受賞

          第3回和紙のしごと大賞コンペティション 入選

2008 第7回益子陶芸展 入選

2010 東京都立川市新市庁舎内

          インフォメーションセンターのカウンター制作設置

2011 第15回日仏現代国際美術展 新作家賞受賞

          第51回日本クラフト展 入選 

          第45回女流陶芸展 入選

2012 第16回日仏現代国際美術展 入選

2013 第17回日仏現代国際美術展 東京都知事賞 受賞

2014 アトリエ移転(立川市栄町から錦町の現アトリエへ)。

​   同時に屋号をアトリエ陶喜に改名。 

   

 個展、グループ展など多数

(銀座ACギャラリー/ギャラリージャローナ 赤坂/

 SAN-AIギャラリー日本橋/無門庵ギャラリー/くるみギャラリー/

 ギャラリー元町/日向堂ギャラリー/宮本商行 銀座

 ドラードギャラリー 早稲田/ギャラリーカフェpupu/

 ギャラリーY/雅趣kujira/ギャラリーZERO/

 

 〜百貨店スポット企画〜

 伊勢丹新宿/銀座三越ジャパンッディション
 銀座三越グローバルメッセージ

 日本橋三越 Jスピリッツ/三越仙台
​ 広島三越三越ギャラリー/神戸大丸

 伊勢丹相模原/東急本店/東急東横店

 Bunkamuraギャラリー他

 

〜パブリックスペース〜

立川市市役所/グランダ武蔵関/グランダ千歳烏山

 

陶造形家として、また、立川市のアトリエにて

陶芸教室を運営しながら制作活動を続けている。